040911.sat.  Canon EOS IX E
a0030391_12471076.jpg
キヤノン EOS IX E,僕の初代一眼レフです.それまでもコンパクトは持っていたのですが,海外旅行行くということで親が買ってくれたカメラです.いまならデジカメというコトになるんでしょうが,当時はまだデジカメは黎明期,100万画素程度がせいぜいで,電池の持ち,使い勝手もまだ実用レベルとはいえないものでしたし,その割にネダンもクソ高かったし…….

このカメラの最大の特徴はAPSフィルムを採用していることです.APSとはAdvanced Photo Systemの略で,1996年に登場したフィルムの新規格です.富士写真フイルム,米イーストマン・コダック,キヤノン,ニコン,ミノルタ5社が開発し,装填が簡単な小さなカートリッジ式フィルムで撮影日などが記録できるようなっています.

で,なぜこの機種にしたか,今考えると実は親の趣味なのではないかと.父親がカメラ好きなもので,実家には当時から銀塩EOS 5などあったんですが,それを借りていこうとしたら,海外だと落とすと困るとかなんとかで,このカメラを勧められたというわけです.でもそれは名目上のことで,じつは僕が旅行行くことをダシに,新規格(当時)APSの一眼をいじくってみたかっただけなんじゃなかろうかと…….

この異端児EOS IX E,質感と適度な重みのあるボディはかなり気に入っていたのですが,写真に凝り出してくると,ポジフィルムが使用できない(なかなかAPSポジが売っていない.売っていても高い!)こともあって,実家で母親が使っていた35mm版EOS Kissと無理やり交換してきました.それにフィルム撮像面が小さいせいか,同じISO感度のフィルムでも35mmフィルムと比較すると粒子が若干荒れて見えてしまうのも難点でした.当時はぜんぜんカメラのことなんて知らなくて,今なら通常の35mmカメラにしたんでしょうが.

それにしてもAPSって規格,一体なんだったんでしょうね.通常の35mmですら最近はデジタルに押され気味なのに…….てことで写真はEOS IX Eで撮ったスペイン,グラナダの嘆きの門.実際にはハイビジョン(16:9?)でフレーミングしたのですが,スキャニング時に上下トリミングしてみました.ピントが眠いですね.これはカメラのせいじゃありませんが.そういえば今日は911ですね.

990402|スペイン/グラナダ|Canon EOS IX E+EF24-85mm F3.5-4.5USM
[PR]
by nmurasak | 2004-09-11 12:44 | 写真/カメラ
<< 040912.sun. リコー... 040910.fri. 高倉神社 >>