040914.tue. 東京国立博物館(1)──まずは本館から
a0030391_1420239.jpg
日曜日に上野にある東京国立博物館行ってきました.ここは学生なら¥130(安すぎ!)で入れるので,年に数回行くのが定番になってます.商業施設と違って一日中だらだらしててもいいのもありがたいところ.さすがは国立博物館.でも今は独立行政法人に変わったんでしたっけ.てことで,今日はいちおう建築案内風に.

まず正面に見えるのが,以前の記事でも載せた第一生命相互館を設計した渡辺仁設計の本館.「木に竹を継ぐような造形」とイマイチ評判の悪い,俗に帝冠様式と呼ばれる様式の範疇に入れられていることが多いです.帝冠様式とは,洋風の壁面に日本風の瓦屋根を載せた和洋折衷の造形様式のコトを指します.ヨーロッパの上に大日本帝国が載っかるということで帝冠様式と呼ばれているわけです.この様式は,帝国主義の広がった戦前,戦中に大流行した様式.評判悪いのは造形のせいだけじゃなくて,歴史的背景もあるのかも知れませんね.

設計者の渡辺仁は戦前の建築家としてはめずらしく,ありとあらゆる様式の建築を手掛けています.さきの第一生命相互館(現・DNタワー21)はドイツ新古典主義の影響を思わせるファサードの列柱が特徴.服部時計店(現・銀座和光)はオーソドックスに歴史主義に則ったもの,今の有楽町マリオンのところにあった日劇は表現派.さらに,品川御殿山ヒルズにある旧・原邦造邸(現・原美術館)は白いモザイクタイル貼りの初期モダニズムお豆腐建築.……さながら戦前建築様式の見本市のようです.テクニシャンと言えばその通りなんですが,ポリシーがないともいえそう.まぁこういうオールマイティ人間のほうが世間では重宝されるわけですが…….

さて国立博物館ですが,金曜日の夜に夜間開館していたり,表慶館でミニコンサートをやったりと,最近いろいろ頑張っているようです.春先に入った時には本館裏手の庭園を公開していました.常設展示のみなら大人でも¥420と結構お手軽なのでお近くの方はぜひ.

040912|上野/東京国立博物館本館|Ricoh Caplio GX
[PR]
by nmurasak | 2004-09-14 14:19 | 建築/都市/デザイン
<< 040915.wed. 東京国... 040913.mon. GXの○と× >>