040920.mon. ♪あら,こんなところに被写体が
a0030391_20511821.jpg
最近,構図がマンネリになってきて,ちょっと困ってます.枚数こなすと,モノの切り取り方とかそれなりにウマくなってくる一方で,構図が定番化してしまい,どっかで見たような写真ばかりで,なんか新鮮味感じられないんですよね.「それなり」なんだけど,ただ「それだけ」.写真は,GXが修理から帰ってきて室内でいろいろ動作テストしてる時に,家のベランダを撮ったモノ.広角らしさもへったくれもない写真ですけど,意外なところに被写体「らしきモノ」を発見したということでは結構気に入ってる写真です.こういう発見みたいなものを大事にしたいなぁと思う今日この頃…….

あと,タテ構図ばかりなのも困りモノです.意識しないととりあえずカメラをタテにして撮ってる(笑).フツーは逆なんでしょうけど.僕は建築やらクルマやら撮ることが多いんですが,最近の建築ってシャープなエッジの効いたモノがおおいから,緊張感のあるタテ構図のほうが向いてるっちゃ向いてるとも言えなくもないんですが…….たまにはヨコ構図でも撮ってみよ.

ワケ分かんないタイトルは,昔ハウス食品かなんかのCMでかかってた音楽をもじってます.フルコーラスは「♪あら,こんなところに牛肉が,タマネギ,タマネギあったわね,ハッシュドビーフ,デミグラスソースが決め手なの♪」だったかなぁ? でも,その存在すら忘れてた牛肉って僕は食べたくないです.

以下余談.今発売中のデジタルCAPA10月号に「キャプリオ・ハンドブック」という8ページほどの別冊付録が付いてます.カメラマン工藤智道さんがCaplio R1で函館の街を撮り下ろした作品がメインになっています.レンガや教会,色付きはじめた葉のレッドと空のブルーのコントラストがなんとも印象的でした.個人的には2枚目のヨットの写真が一番好み.文章自体はリコーの提灯記事なんですけど.そういえばR1けっこう売れてるみたいですねぇ.あちこちで品切れみたいです.リコーらしくないなぁ(笑).

ちなみに表紙は栗山千明.キルビルのときとは随分印象違うなぁ.040910|Ricoh Caplio GX
[PR]
by nmurasak | 2004-09-20 20:49 | 写真/カメラ
<< 040922.wed. なぜか... 040919.sun. ネタがない. >>