041225.sat. これはパララックスと呼ぶんだろうか?
a0030391_1440334.jpg
上の写真,2回前ポストの恵比寿のレストラン「ZEST」の写真です.僕は普段からフレーミングには背面液晶モニタ使っているのですが,この写真,縦の中心線が左側にシフトしてしまっています.こういったズレ,光学式ファインダの場合はパララックス(視差)と呼ぶところなんでしょうが,背面液晶の場合はいったい何と呼ぶんでしょうか? ま,とりあえずパララックスでいいか.

こういうパララックスは普段のらりくらりと撮ってる分にはそれほど問題になるものでもないんですが,きっちりシンメトリーを決めたい場合や構図が厳密な場合には結構気になります.あとこの背面液晶,視野率もどうやら100%ではない模様.背面液晶を見ながら端部ギリギリで画面に写し込みたくない要素をトリミングすると,実際の画像には写ってしまっていることもあり,ちょっと困ったちゃんです.

ついでなんで,GX背面液晶の視野率とパララックスについてちょっと調べてみました.まず視野率はズーム全域にわたって縦方向約96%,横方向93~4%となっています.一方パララックスの方は,最広角時,被写体との距離2mの状態で縦方向が上方に0.10mm,横方向が右方に0.03mm,被写体との距離や焦点距離によって若干数値が変わってくるようですが,上右方にシフトすること,縦方向の方が横方向よりもパララックスの値が大きいことは,どのような状況でも同じようです.

光学式ファインダの場合は,ファインダと撮影レンズとが別々になっているためパララックスが出てしまうのは原理上仕方ないんですが,背面液晶モニタの場合,撮像素子(CCD)で捉えた画像をそのまま表示してるんだとすれば,なぜパララックスが出たり,視野率が100%でないのか不思議な感じもします.でも最近話題の*ist DSもファインダにパララックスあるみたいだし,シロウトには分からない深~い事情があるのかも知れませんね…….なお,撮影直後に表示されるポストビューや再生モード時では,パララックスはありません.おそらく.

*ist DSいいなぁ.041023|恵比寿|Ricoh Caplio GX
[PR]
by nmurasak | 2004-12-25 14:41 | 写真/カメラ
<< 041226.sun. ハウル... 041224.fri. 泡盛シ... >>