050120.thu. 関西(5)──真言宗本福寺水御堂
a0030391_5583959.jpg
3回前のポストで安藤忠雄さんの悪口書いちゃいましたので,今回は「当たり」の安藤建築でも.別に某放送局みたいに政治家からの圧力があったわけではありませんけど……いやホントに良かったんですよ,本福寺水御堂は…….

この本福寺水御堂,水盤の下にメインの祈りの空間を設けるという,淡路夢舞台「海の教会」と似たような構成となっていますが(教会と寺院の本堂という違いはありますけど),こちらの方がずいぶんと洗練されているような印象を受けました.こんな感じ.上の水盤のハスが季節外れだったのは残念でしたが…….ハスの葉で水盤が覆われたら見事だろうなぁ…….

階段を下りて左手に折れると,本尊の安置されている円形の内陣があります.内陣に入るまでの曲線のアプローチの構成はこれぞ安藤建築の真骨頂!と言っても過言ではないほど見事な空間でした.内陣と外陣を隔てる結界に丹塗りの木が使われています.僕の浅薄な知識が間違ってなければ,それまでコンクリート打放しとガラス一辺倒だった安藤さんが,はじめて木という素材を本格的に使ったのがこの建築じゃなかったかな?

内陣の中も荘厳な空間.仏様の背後に大きく開口部が採られています.おそらく仏様の背後から後光が差すという趣向なんでしょうけど,時間帯が悪かったせいかイマイチその真価は伺えませんでした.管理のおばさん(?)のおハナシによれば,春から夏にかけて仏様の背後から光が差すんだそうで,やはりここでも季節外れだったかと,また残念でした.

ホントはアプローチ部,写真撮りたかったんですが,本堂内撮影禁止のため断念.てことで,エントランス前のコンクリート壁の写真です.この建築,建築後15年になろうかというものなのですが,メンテナンスが行き届いているせいか,コンクリートの表面状態が非常に美しかったのも印象的でした.さすがメンテ好きの安藤さんといったところでしょうか?

水平出てませんね……(鬱).050109|淡路島/真言宗本福寺水御堂|Ricoh Caplio GX+DW-4
[PR]
by nmurasak | 2005-01-20 06:58 | 建築/都市/デザイン
<< 050121.fri. リコー... 050119.wed. 「GX... >>