050210.thu. 気になるデジカメ2機種
a0030391_23182598.jpg
秋のフォトキナと並ぶカメラの一大イベント「PMA」開催を数日後に控えて,各メーカーから続々と春の新機種が出てきております.今日はその中で個人的に気になった機種を2機種ほど…….

米Fujifilm,実用感度ISO1600を謳う「FinePix F10」発表
デジカメwatchより.最近,商品企画迷走状態だったフジとは思えないほど,なんとも魅力的な機種です.この機種のウリはなんといっても「常用に耐えうる高ISO撮影」,上記HPによれば610万画素「第5世代スーパーCCDハニカムHR」やFinePix S3 Proの信号処理ノウハウを採用した「RP(Real Photo Technology)プロセッサ」の組み合わせにより,最大解像度+ISO1600撮影でも非常にノイズレベルを低くすることができたんだとか.いままでコンパクトデジカメはISO400程度でもノイズまみれでしたから,それからすると格段の進歩.サンプル見てみなきゃ真価のほどはまだ分かりませんけど,どれくらいの絵を見せてくれるのかなんとも楽しみな機種であります.てゆうか日本発売まだ決まってないんスね…….

松下,手ブレ補正採用の400万画素普及機「DMC-LS1」
奇しくも「FinePix F10」と同日発表となった「DMC-LS1」,実売2〜3万円+手ブレ補正機構付きのパナソニックLUMIXラインナップで末っ子に位置するモデルです.これでパナソニックのデジカメで手ブレ補正機構を搭載しないのは2/3型CCDを採用する上級機「DMC-LC1」だけとなりました.「手ブレ補正ならパナソニック」というワケでしょうか.まぁこのデジカメ戦国時代,キャラ立ってないと生き残っていけませんからね.でも最上級機にだけ付いてないとはなんとも妙ちくりんな感じもしないでもないです.

……ちょっと考えてみました.田中希美男さんのHPによれば,松下FX2/7の場合,手ブレ補正機構を組み込むことによってシャッタースピード(SS)で3段分程度のブレ補正効果あるそうです.一方ISO感度の方はといえば,基準がメーカーによってバラバラだという問題はありますけど,ISO100だったものがISO800まで(1600とは言わないにしても)常用に耐えうるとすれば,これまた3段分SSを速くすることができます.てことは手ブレ補正機構付きのF10であれば,単純計算3+3=6段分程度SSが稼げることに,6段分というとISO100手ブレ補正ナシで露光時間1秒だったとしても,それを1/64秒相当にまで速くできる,そしたら究極の室内,夜景撮影機になるんじゃあないかと.そんな機種出ないでしょうかねぇ……儲かりそうもないから出ないでしょうけど…….ま,考えといてくださいや,松下さん.オリンパスと4/3提携も結構ですけど.

ところで「デジカメwatch」は三洋電機に商標使用料払っているんだろうか? 気になって夜も寝られません(←ウソ).050131|上海/浦東国際空港|RIcoh Caplio GX+DW-4
[PR]
by nmurasak | 2005-02-10 23:19 | 写真/カメラ
<< 050222.thu. キスデジN 050208.tue. GXの... >>