040629.tue. デジカメでアオリ写真(2)
a0030391_21332830.jpg
(1)ではレタッチソフトによるアオリ写真撮影法?を紹介(と言うと何やらおこがましい気もしますが)しましたけど,今日はトリミングによるアオリ写真撮影法を.

上は,東京上野の国立科学博物館です.フツーに撮れば仰角ぎみになり,建物が上すぼまりに写ってしまいますが,いちおうこの写真,垂直線は垂直に写っています.

この方法で大事なのは「垂直線がきちんと垂直に写るように意識して撮ること」,それだけです.オリジナルはこちらです.垂直線だけを意識して撮ったので,余分な地面が写真下半分くらいを占めています.てことで,下半分をトリミングしたのが上の写真です.こうすればアオリ撮影と同様の効果が得られることになります.

この方法ですと,ピクセル補間処理は一切していませんから,同画素数で比較した場合は,(1)の場合よりも画質は良くなるはずです.ただ当然のことながら,トリミングによって総画素数は減ってしまいますので,解像感はオリジナルのモノと比べれば劣ってしまうコトには違いありませんが.あと,トリミングしている分だけ,画角が狭くなってしまいますので,できるだけ広角撮影可能なカメラを選択するのも大事かと.

こういうコト考えると,やっぱ高画素って要るよなぁ.なんかハウツーモノだと,言葉がかたくなってしまいますねぇ.もっと軽妙なタッチで書きたいんですけど.小学校の時もうちょっとマジメに作文やっときゃよかった.後悔先にたたずです.

040410|国立科学博物館|Ricoh Caplio G4wide
[PR]
by nmurasak | 2004-06-29 21:45 | 写真/カメラ
<< 040630.wed. 中日ド... 040629.tue. デジカ... >>