040718.sun. マクロモード
a0030391_2149598.jpg
マクロモードは昔からリコーデジカメのウリでした.撮影範囲が1cm〜∞(広角端)ていうのは,Caplioシリーズになる前,RDC-7(00年6月発売)の時代からです.他機種ではマクロモードは広角端固定ってのもたまにありますけど,GXは望遠端でも8cm〜∞で撮影可能.背景ボカしたい時など,望遠端の方が良くボケるので便利です.ワイコンといいマクロといい,焦点距離範囲の制限が少ないのはいいですねぇ.

で,マクロモードの使い勝手なんですけど,G4wideとくらべると格段に良くなりました.G4wideでは「なにそんなに迷ってんだよ〜?」と言いたくもなった合焦の遅さがずいぶんと改善されています.

さらに「AFターゲット移動機能」が追加されたのも高得点です.「AF〜」とは何ぞやといえば,ちょっと説明めんどいんで,このページの一番下をご参照ください.この機能,カタログ見てる時は「ふ〜ん」程度にしか思ってなかったんですけど,手ブレ防止とか露出補正にだけ集中できるので(普通だと フォーカスロック機能使うから構図にも神経使う),けっこうナイスな機能です.

ただし,十字型の合焦ターゲット位置と,実際ピントが合う位置が若干ズレていることがあるのはいただけません.若干後ピンぎみのようです.望遠端ではピントが合いにくいのもマイナスポイント.こういう時はマニュアルフォーカス使わざるを得ないんすが,これの使い勝手がまた最悪.液晶モニタの見え具合が悪いのに加え,拡大表示しても×3.4にしかならないので,微妙な具合がよく分かりません.せめて被写体までの距離を表示してくれるとかあると,ちょっとはマシなんですがねぇ.

で,マクロモード望遠端でとったトンボ.一部トリミング.ワイコン付けっぱなので,焦点距離約70mmです.このくらいの焦点距離だと背景のボケはあんまりきれいじゃありません.トンボはレンズ向けてもなかなか逃げないからいいですねぇ.昆虫は普段めったに撮らないので(てゆうか撮ろうにも,東京は虫いなさすぎ),けっこうモタモタしてたんですけど.

040717|Ricoh Caplio GX
[PR]
by nmurasak | 2004-07-18 06:58 | 写真/カメラ
<< 040718.sun. レタッ... 040717.sat. 露出狂GX >>