カテゴリ:クルマ( 11 )
050202.wed. 上海自動車事情
a0030391_13202798.jpg
上海はとにもかくにも交通マナーが悪い悪い,街中どこへ行ってもクラクションの嵐です.一般車はもちろんのことバスやタクシーといった公共交通機関までもが,クラクションをブーブー鳴らしまくって猛スピードで駆け抜けて行きます.まさしく「そこのけそこのけ車が通る」という感じ.まぁ,初日はすごくウルサイなぁとか思ってたんですけど,最終日には慣れてしまいましたけどね.いっぽう歩行者は歩行者で信号機なんて関係ないよと言うかのごとく,渋滞する車の間をスルスルと通り抜けて行きます.タクシーの前席なんて乗ったときには目の前に自転車が突っ込んできて,そりゃもうヒヤヒヤモノでしたよ.東京人はよく関西が交通マナー悪いとか言いますけど,とてもとてもまだまだ上海の足下にも及びませんね.つうかここよりスゴいトコってあるんかしら? 

上海ではVWが圧倒的なシェアを誇っています.その中でも特にサンタナという1980年代設計の「超」古い(古く見える?)車が多い.タクシーはほとんどサンタナ.サンタナと言えば,80年代に日産がVWと提携してサンタナを日本国内販売していたのを思い出しました.他には現地生産してるせいでしょうか,ポロパサートアウディA4も良く見かけました.中国製ポロなんか日本で100万くらいで売れるんじゃないかなぁ.ぜひ日本でも売ってもらいたいモノです.やっぱドイツ車はドイツ製じゃないと売れないんじゃないの?とか言う声も聞こえてきそうですけど,いやいやそんなことはない,売れまくってるメルセデスのCクラスなんて南アフリカ製ですし……VWさん,ぜひ中国製ポロの日本導入お願いしますよ.御社の絶大なるブランド力をもってすれば,フィットやティーダなんか余裕で駆逐できますから…….

日本勢ではホンダが一番,次いでトヨタといったところ.ホンダでは日本でインスパイアとして売ってるアメリカ向けアコードが一番多かったかな.その次がマツダ,中国で見るゴールドのアテンザ(現地名マツダ6)は超カッコよかったです.日産もそこそこは見かけたんですが,走ってるのは古い型がほとんど.先々代の尻下がりブルーバードや先々代セフィーロばかりで最新型の車はほとんど見かけませんでしたね.三菱はエアトレックを2〜3回見かけただけでした.ここにもリコール騒ぎの影響が……なワケありませんか…….

タクシーの写真でも撮っときゃよかったなぁ.050128|上海/外灘|Ricoh Caplio GX+DW-4
[PR]
by nmurasak | 2005-02-02 13:21 | クルマ
050123.sun. 危険をかえりみず銀座へ
a0030391_21163665.jpg
今日はやたらと寒いです.さっき外に出たら雪が散らついてました.今年はなぜか雪が多いですねぇ.去年なんか1回も降らなかったのにさ.昨日はiPod Shuffleを買ってしまうかもという危険をかえりみず,またも銀座に行ってきました.もちろん危険回避のため5,000円くらいしか持たずに.これなら欲しくても買えないし.でも最近はカードっていう文明の利器があるんだよねぇ.

まずは例によって日産ギャラリーへ.この20日に発売になったばかりの「ノート」を見てきました.このノート,外観はエッジパキパキ,乾いたクリーンな面質が主流の最近の日産車とは傾向を異にしてます.ちょっとトヨタ車のようです.ヨーロッパではアルメーラの後継として売るらしいんで,ラインナップでエッジの効いた現代彫刻みたいなプリメーラと,陶器みたいなトロンとした面質のマーチ(欧州名マイクラ)の中間に位置するってことでも考えたんでしょうか? インテリアはイマイチでした.ボッサベージュはちょっと色味きついし,ジャズブラックもシート柄がねぇ.なんとなくエミリオ・プッチ意識してるようなのは分かるんだけど……いまいち成功してませんね.

その後,伊東屋のぞいてから,アップルストア見てきました.お目当てのiPod Shuffleは幸いか不幸か売り切れ,展示品すらありませんでした.展示くらいあってもいいと思うんだけどなぁ,人が殺到するの避けるためでしょうかね? ま,またの機会の楽しみにしておきます.一方,Mac miniは複数台展示あり.やっぱ美しいです.病的なまでのディテールへのこだわりはこのMac miniでも健在でした.予想以上に小さくて軽いのも驚き,これならモバイルデスクトップマシンになるかもなぁ? でも買えない,Power Mac G4 Cubeの1/4の値段なのに…….

あ〜〜! いくら安全のためとは言え,やっぱり銀座にオカネなしで行くとフラストレーション溜まるなぁ.しようがないので,最後に無印で方眼ノートと半額になってたマフラー(700円ナリ)買って帰りました.次はiPod Shuffle買いにいきます.

ブログ名変えたのはこのクルマの名前とは関係ありません.050122|銀座/日産本社ギャラリー|Ricoh Caplio GX+DW-4
[PR]
by nmurasak | 2005-01-23 21:16 | クルマ
041011.mon. 日産「ティーダ」——SHIFT_compact quality
a0030391_18121954.jpg
ひさびさにクルマネタです.今日のお題は日産「ティーダ」,昨年のモーターショーで「C-NOTE」という名前で参考出品されてたクルマの市販版です.車格的にはカローラ,サニークラス.のちにセダンボディも出るようですけど,今回はハッチバックのみの登場というコトで,さしづめ現代版「パルサー」といったところでしょうか.今のトコロは欧州で販売するとのハナシは聞こえてきませんが,いずれは欧州アルメーラの後継になったりするんでしょうか?

開発コンセプトは「プレミアム・コンパクト」,トヨタ・イスト(これをプレミアムと呼ぶのは非常に抵抗があるんですけど,いちおう),マツダ・ベリーサあたりとかぶります.またインテリアを最大のウリにしてるってのも,ティアナプレサージュと同じく,いかにも最近の日産車らしいです.

まずは例によってエクステリアから.○○に似てるって議論は単なる連想ゲームに過ぎないことがおおいので,あんまり意味がないと思ってんですけど,今回はあえて「プジョー307に似てる!」.どこが似てるって,4,200mm前後の全長+高めの全高というちょっとミニバン的なディメンション,逆反りのCピラー,鋭角的な形状のリアコンビランプ……若干ティーダの方が面質が無機質ですけど,それを除けばソックリサンといってもいいんじゃないかなぁと.両者ともリアコンビが赤1色で構成されているのも,ソックリ感を助長させています.

ほかの部分は最近の日産のスタイルトレンドに則ったモノ,ボンネットをグルリと半周するキャラクターライン,離れた目つき,その間の薄口グリルなどフロントのグラフィックは先にデビューのムラーノとの共通性も感じさせます.意外性はあまりありません.まぁインテリアがウリのクルマだから,外観の斬新さをアピールする必要ないのかも知れませんけどね.

先にも書きましたけど,ティーダの一番のウリは「perceived quality=感性品質」を謳い文句にしたインテリアでしょうか.その質感は「このクラスとしては」上出来です.とくにシート系がイイ.日産の最近の新車のシート素材や内装色の選択は非常にセンスが良くてハッとさせられてしまいます.イチオシはキューブのキルティング加工を施した生成色のスエード調クロス,モカというダークブラウンの立体感のある織りのクロス,ティアナのパールスエードあたり.今回のティーダもカブロン(合成皮革)と立体感のある織物地のコンビネーションなどなかなかです.張り分けの色彩がローコントラストなのもまた上品な感じでナイスです.

ただ気になる部分も見受けられます.クルマの内装の質感評価の段階は「見て」「触って」「動かして」と3段階あるんかなぁと個人的には感じてるんですが,今回のティーダ,「動かして」の段になるとそのダメさが露呈するといった印象.特にフタモノの開閉動作がダメなようです.グローブボックスなどこれで高品質謳ってるのはちょっと逆効果じゃない?って思うくらい.多分グローブボックス自体が軽すぎるのがいけないんだと思うんですけど,そんなに重くするわけにもいかないからしょうがないんかなぁ?

まぁ,造形は非常に新規性があっていいけど,樹脂モノの質感が悪いといわれ続けてきた,いままでの日産車の内装にしちゃ出色の出来というべきかも知れません.トヨタみたいなアイボリー内装+木目調パネル+起毛系のシート素材……高品質に見えるための常套手段から一歩脱却しようとしてる面からも頑張ってほしいなぁとは思ってはいるんですが…….このティーダ,国内の目標月販台数は5,000台とかなりに強気.冷静な市場分析に基づく数字というより,100万台増販という日産180の目標からはじき出された数字のような気がします.高品質な内装は魅力的だけど,ちょっと強気すぎないかなぁ…….

再び目玉がいっぱい…….041010|銀座/日産本社ギャラリー|Ricoh Caplio GX
[PR]
by nmurasak | 2004-10-11 18:12 | クルマ
040923.thu. 日産銀座4丁目ギャラリー
a0030391_203613.jpg
きのう,リコーカメラSC行って,修理に出してたG4wideを引き取ってきました.そのあとはぶらぶらと銀座を徘徊.銀座行った時は,日産銀座4丁目ギャラリーアップルストア銀座→伊東屋→無印良品→ビックカメラと巡るのが,だいたいの定番ルートになってます.きのうはアップルストア行きませんでしたけど,そういえばiMac G5発表されたんだった.見とくんでした.

さて,日産銀座4丁目ギャラリーですが,2002年夏に本社ギャラリーと併せてリニューアルされました.設計はインテリアデザイナー・文田昭仁氏の手によるもの.各部のカドを丸めた造形がミッドセンチュリーの香りを感じさせるとともに,白・黒・銀で統一された色彩が未来的なモダンさを醸し出しています.かなりにカッコよくて僕は好きなんですけど,ちょっと流行りすぎの感もなきにしもあらず.10年後はどうなってしまうんでしょうか? 

エントランスにあるカウンターで頼めば,日産各車の本カタログをもらうことができます.きのうも発売されたばかりの新型SUV,ムラーノのカタログもらってきました.白いパンツスーツに身を包んだキレイなお姉さんが,わざわざ封筒にまで詰めてくれるんですけど,見込み客でもないのにいつも悪いなぁとか思ってしまいます.とくに高級車だと決まりがワルイ.「えーっと,シーマのカタログ……いただけますか……(グフッ)」とかなっちゃったりね…….

あと,いつもにこやかな笑顔で「価格表の方も同封させていただきます」といわれるのも,なんともまたツライ.多分マニュアルで決まってんでしょうけどね.ゴーンさん,いつか日産車ユーザーになりますから,カンベンしてくださいね.ホントごめんなさい.

このへんトヨタはうまいことやってて,お台場にあるトヨタの大型ショールーム「メガウェブ」ではカタログを自動販売機で売っています.価格は車種によって100円から300円程度.もちろん高級車のほうが高いです.引け目を感じずに気軽にカタログゲットできる点ではいいシステムだと思うんですけど,儲けられるトコロでは儲けさせていただきます!っていう商魂が,なんともナゴヤ企業らしいなぁと.

ムラーノです.ボディカラーは,ブライトカッパーというかなり赤茶っぽい色なんですが,色味キツすぎたんで,WBいじくってみました.クルマネタはひさしぶり.040922|日産銀座4丁目ギャラリー|Ricoh Caplio GX+DW-4
[PR]
by nmurasak | 2004-09-23 01:58 | クルマ
040802.mon. 日産「ムラーノ」+リコー「GR21」
a0030391_118137.jpg
7月29日,日産が今秋発売予定の新型車「ムラーノ」の予約受付を開始しました.

ムラーノは,同社のティアナプレサージュなどとおなじFF-Lプラットフォームを採用した都市型SUV.北米ではすでに02年12月から発売されており,すでに8万台以上の販売実績を達成しています.エンジンは3.5ℓVQエンジンに加え,日本専用に2.5ℓQR直4エンジン搭載機種も用意.てことはメカ部分はプレサージュとかとほとんど同じと考えていいんでしょうかね.北米市場をメインマーケットとして開発された車種であるため,ディメンションはかなり大きめ.狭い路地なんかでは取り回しに苦労させられることになりそうです.

国内での当面のライバルはトヨタ「ハリアー」,ホンダ「MDX」といったところ.この2車,北米ではトヨタ/ホンダの高級車チャンネルであるレクサスアキュラブランドから販売されていますが,ムラーノは北米でも日産チャンネル販売.日産の高級車チャンネル,インフィニティからは,FX35/45なんていう素晴らしくカコイイSUVも発売されてますし,その差別化の意味からもちょっとカジュアルなデザインになってるのかなぁと.FX35/45かなりに好きなので,ぜひとも日本導入を! 買えないけどね.

で,このムラーノには特設サイトが設けられてて,その中で「こだわりのカメラで撮るサンフランシスコのMURANO」っていう企画があります.そこでライカMP,ローライフレックスと共に,取り上げられているのがリコーGR21.GR21って前2者に比べると,そこまでの独特のカリスマ性つうか伝説みたいなのはないと思うんですけどね.ひょっとすると,写真家,森山大道さんが兄弟機?GR1を使ってるってコトとかが影響してるのかも知れませんねぇ.リコーがこのカメラを最後に,銀塩カメラ事業から撤退したってコトも,GR伝説に関係アリかも.僕自身はリコーにそこまでのこだわりは「まだ」ありませんし,単焦点のフィルムコンパクトに10万円も出す勇気もありませんけど,なんとなくウレシイものはあります.

同特設サイトではGR21プレゼント企画ってのもあります.ポストカード出すと応募できます.とりあえず応募してみました.当たるワケないけどね.てことでGR21欲しい人は,ムラーノ特設サイトにGO!です.

で,ムラーノです.040922|東京/銀座|Ricoh Caplio GX+DW-4
[PR]
by nmurasak | 2004-08-03 19:16 | クルマ
040803.tue. 風雅・時空・極・鷲羽・息吹・楔・冠・飛鳥……
a0030391_2264431.jpg
最近の自動車業界では日本的ネーミングがなぜかブーム.昨年のモーターショー,日産からは「FUGA(風雅)」「JIKOO(時空)」,ホンダからは「KIWAMI(極)」,マツダからは「WASHU(鷲羽)」「IBUKI(息吹)」「KUSABI(楔)」と日本的ネーミングを冠したコンセプトカーが盛りだくさんでした.

市販車もしかり.日産が今秋発売するコンパクトハッチバックの名前は「TIIDA」,沖縄のコトバで太陽を意味するものだとか.トヨタ「CAMRY」は冠からの造語,クルマじゃないけど「CANON」の語源は観音サマ.そう言えば昔「ASKA(飛鳥?)」なんていすゞのクルマもありましたねぇ.すごいのは光岡自動車.「RYOGA(凌駕)」「GALUE(我流)」「YUGA(優雅)」とまるで戦艦の名前のようです.そこまでやるなら「飛龍」とか「瑞鶴」とかもどう?ミツオカさん.

ネーミングだけでなく造形面でも日本的なるモノが流行ってます.たとえば先に挙げた日産「FUGA」のフロントグリルは南部鉄器のようなテクスチャになってますし,江戸開府400年を記念して出展された「JIKOO」は,レンズに和紙を貼ったヘッドランプ,水引を思わせるドアトリムなどなど,江戸情緒てんこ盛りな車でした.同じく日産「ティアナ」は柾目の木目調パネルを大胆にもインパネに採用しています.この木目パネル,開発中は「鮨屋のカウンター」と揶揄されたとか.なんか日産車ばっかだ…….

昔は,いすゞが日本的デザインテイストを盛り込んだコンセプトカーに熱心でした.たとえば01年のモーターショーに出品してた「ZEN」.名前の由来はまさしく「禅」.障子を思わせる半透明のルーフや,扇型のウインドウグラフィックなど日本的エレメント満飾艦なクルマでした.あまりにも直接的すぎるんじゃないかなぁという気はしないでもなかったですけど.直接的な日本的造形といえば,三菱「グランディス」のインテリアもちょっと疑問.扇を思わせるセンターコンソールといい,なんか青い眼からみたニッポンって感じがするんすよね.デザイン部長が外人さんだからしょうがないのか.

個人的考えとしては,朝昼晩三度のメシにコメをず〜っと食ってきた日本人が開発してる限り(最近は現地開発車とかもありますけど),特に意識しなくとも日本車は日本車である呪縛からは逃れられないと思うんすよね.たとえ欧米風のスタイリングをまとっていても,どこかしら線が細いとか,面がフラットだとか,そういう日本的特質ってのは自然と顕われてくるモノなんじゃないか,それをムリヤリ頑張って強調しなくてもいいんじゃないのかと思うわけですよ.

初代ロードスターの開発では「能面の美」てなことをデザイナーさんが語っておられました.初代インフィニティQ45も開発テーマは「ジャパン・オリジナル」.しかしロードスターにもQ45にも,直接日本を連想させる要素はほとんど見られません.そういう隠し味的日本的エッセンスが実は大事なんじゃないかなぁと勝手に考えてます.

さてさて,この日本自動車界の日本ブーム,単に最近の日本社会の右傾化を反映したものなのか,それとも,日本車がようやく自らのアイデンティティを模索しだしたからなのか,いつまで続くトレンドなのかもよく分かりませんけど,次にどんな展開があるのか,なんか楽しみではあります.

光岡ビュート.ベースは2代目日産マーチ.040722|Ricoh Caplio GX
[PR]
by nmurasak | 2004-08-03 12:49 | クルマ
040726.mon. スリーダイヤモンドとスノーブランド
a0030391_2204192.jpg
昨日,日テレのドキュメント'04で「三菱自動車“リコール隠し”の真実」てのをやってました.三菱自動車による,00年「第1次」リコール隠しの顛末をドラマタッチな演出で再現.運輸省の査察官のガサ入れシーンとか,なんとなく「マルサの女」を思い出しました.深夜番組だからあんまりサラリーマンの人は見てないでしょうけど,この番組,ニュースの1コーナーとして放送した方がよかったんじゃないかと.正しくないと思いつつも社の方針には逆らえない,サラリーマンの人は共感するところも大きかったのでは…….

ミツビシは00年,「第1次」リコール隠しが発覚.国内では大幅な販売減となり,業績が悪化しました.見るに見かねた親会社のダイムラー・クライスラー(DC)がロルフ・エクロート社長を派遣し,資材調達コスト15%削減などを軸とする「ターンアラウンド計画」を策定.この計画,途中まではそこそこ上手く進んでたようですが,昨年,北米での金融事業失敗に伴う大幅な販売減により,同計画は頓挫.親会社のDCにも見放される始末.そこに「第2次」リコール隠し発覚のダブルパンチです.日産やマツダの経営再建と違って今回は信頼問題も絡んでくるから大変だぞという感じです.

ところで,一連のミツビシ事件と似てるなと思うのが雪印のハナシです.コトの発端は00年6月の食中毒事件.原因は故意の生産管理ミス.被害者は8府県で5,000人近くに達し,全国で同社製品撤去など大きな問題となりました.ところがです.そのすぐ翌年,今度は子会社?の雪印食品による,BSE対策国産牛在庫買い取り事業をめぐる牛肉偽装事件が発覚.結局,雪印食品は解散に追い込まれ,本体の雪印乳業も牛乳事業の売却を余儀無くされました.

日本の社会は企業不祥事に甘いらしく,1年も経てばきれいさっぱり水に流して忘れ去ってくれるんですけど,「仏の顔も三度まで」でしょうか? ミツビシも雪印も舌の根も乾き切らないうちにまた不祥事じゃ,さすがにしょうがないか,という感じはします.不祥事のレベルにもよりますけど,企業にとっては一回不祥事やってから10年くらいは,執行猶予期間とでも言えるんじゃないでしょうかねぇ.

とはいいつつも,本社のホワイトカラーはともかく,ディーラー/工場など現場の方々の苦境を思うと,ミツビシが再び復活してほしいなぁとは思います.いろんなクルマ買える選択肢が多いのは,消費者としてはウレシイことですしね.まだ幸いなのは,日本自動車業界がかなりに好況だということでしょうか.でも今のミツビシってなんか魅力的なクルマないんだよなぁ.eKワゴンはベーシック感&高質感がけっこう好きなんだけどね.がんばっていいクルマだしてね.ミツビシさん.

スバル「R2」.ここもアルファのデザイナー来てから…….040722|三重/松阪|Ricoh Caplio GX
[PR]
by nmurasak | 2004-07-26 09:40 | クルマ
040713.tue. トヨタ「クラウン・マジェスタ」——ジャパン・オリジナル
a0030391_2144543.jpg
新車勝手にレビュー第2回の今回のお題は,トヨタ「クラウン・マジェスタ」.昔はトヨタの旗艦車種だったクラウンですが,セルシオの登場以降は,若干影の薄い存在になっていました.しかし,来年8月のレクサス店新設にともない,ふたたびトヨタのフラッグシップとして君臨することに.その意気込みが感じられるフルチェンジです(センチュリーはありますけど,ま,それはさておいて……).

まずは例によってエクステリアの印象から.リアビューで印象的な逆反りCピラー,縦長のリアコンビランプは2代目からの伝統ですが,ずいぶんと洗練されたものとなりました.ベルトラインからリアランプに面を繋げる手法は,日産ティアナなどと同じですが,面質がスッキリしているせいか,かなりにエレガントな印象.特に濃色ボディカラーになるとそのエレガントさが強調される気がします.ジャガーを思わせるといったらホメ過ぎでしょうか?

疑問なのはフロントの造形です.ロイヤルシリーズが,V型エンジンのコンパクトさを活かして,ショートオーバーハングのモダンなプロポーションを実現していたのに,随分もっさりしたモノとなってしまいました.V8エンジン専用だからしょうがないんでしょうか? グリルの造形も疑問.先々代クラウンのデザイナーさんが,クラウンのグリルの特徴として「グリルを彫るノミが細い,あるいは他車より一歩手が込んでいること」とか言ってたのに,その繊細さがまるで感じられません.ちょっとセルシオを意識し過ぎた感があります.

余談ですけど,トヨタ車にはフロントに各車独自のペットマーク,リアにはトヨタバッジを配するという「伝統」がありました(セルシオなど一部例外はありますが).ところが今回のマジェスタ,フロントの王冠マークをかなぐり捨て,そのかわりにトヨタバッジがおさまっています.リアの車名バッジも「MEJESTA」のみ.「CROWN」の文字はありません.どうやらトヨタとしては,このクルマをクラウン一族として認識してもらいたくないようです.トヨタのフラッグシップとしての自負の顕れでしょうか? ひょっとしたら海外輸出も考えてるのかもね.

一方,インテリアは外観の細身のプロポーションからくらべると,マッス感がありすぎ.なんとなく下品な感じがありますね.昔の(とは言っても3〜4代前)クラウンを知る者にとってはクラウンらしくて悪くない気もしますが…….柾目っぽい「本!」木目パネルは新鮮な感じを受けます.いただけないのはセンターコンソール上部の楕円形デジタル時計.一見アナログかと思わせるだけに何か違和感があります.視認性はデジタルの方がいいんでしょうがね.

今回のクラウン・マジェスタ,日本純粋培養車種,クラウンらしいモデルに仕上がっていると思います.初代インフィニティQ45が「ジャパン・オリジナル」を謳っていましたが,じつはクラウンこそ「ジャパン・オリジナル」なんじゃないかと.ぜひとも海外での評価をみてみたいものです.

で,今日の写真は「オリジン」.トヨタ自動車生産累計1億台達成の記念車として,00年7月に発売されたモノです.当時の価格は700万円.たしか1,000台の限定発売だった気がします.ベースはプログレですが,逆反りCピラーや観音開きドアなど初代クラウンのデザインエレメントを援用した,クラシックなスタイリングとなっています.

040504|三重/松阪農業公園ベルファーム|Ricoh Caplio G4wide
[PR]
by nmurasak | 2004-07-13 21:13 | クルマ
040712.mon. マツダ「ベリーサ」——ブランド・マネジメント不在?
a0030391_21432535.jpg
今年の上半期は極めて新車デビューが少なく,全メーカーあわせても片手で事足りる程でした.その上半期のトリとしてデビューしたのがこのマツダ「ベリーサ」,同社のデミオをベースに,高品質な内外装をウリにしたブランニューモデルです.

まずはスタイリングから.最新マツダ車のスタイリングはオーソドックスなモノが多いんですけど,このベリーサ,その中でもとりわけその傾向が強いように感じられます.高いボンネット,立ちぎみのAピラー,グリーンハウスもアーチ型流行りのなかで,きっちり台形である点も国産コンパクトのなかで異彩を放っています.

ドレスアップパッケージ車では裾部の黒い樹脂とメッキモールが特徴的です.VWトゥアレグ日産ティアナインフィニティFX45/35など国内外の高級車にも見られる手法で,品質感を高めるのに一役買っています.ただ,ブラックアウトしたAピラーだけは,どうも意味不明です.

インテリアも必要以上にラウンドさせない点で,エクステリアとの共通項が見出せます.質感はBセグメントのクルマとしては非常に上出来.マツダのクルマってカラーと素材のセンスが「最悪!」だったので,(特にデミオのピンクインテリア,女性=ピンクっていう古典的価値観は大間違いですよ)すいぶんマトモな大人のセンスになりました.気になるのは○を反復し過ぎなこと.エアベント,ハザードスイッチ,スピーカー……数えてみたらインパネだけで20個以上ありました.アテンザの時も思ったのですけど,ちょっとうっとうしいです.

それよりなにより気になるのが「ブランド・マネジメント不在」である点.おそらくこのクルマ,VWポロミニといった欧州プレミアムコンパクト勢を仮想ライバルとして開発されたはず.確かに実車の質感自体はライバルと比べても勝るとも劣らない,デミオベースですから,走りなどハードウェアの出来も悪くないと思います.日産ブルーバード・シルフィみたいにガッカリさせられてしまうこともないかと.でも,輸入コンパクトを購入するユーザーって,ブランドイメージをかなり重視すると思うんですよね.残念ながら今のマツダにそこまでの高いブランドイメージはない.こういう人々がマツダのクルマを買うのかどうかはかなりに疑問です.僕だったらベリーサに150万出すんなら,もうちょっと出してポロ買うなぁ.まずはお手並み拝見といったところでしょうか?

ベリーサじゃなくてBMWミニ 040329|静岡/富士|Ricoh Caplio G4wide
[PR]
by nmurasak | 2004-07-12 20:03 | クルマ
040710.sat. 東京は外車が多い?
a0030391_21404767.jpg
昨晩はなぜか12時過ぎてから,飲みに行くことになってしまい,今帰宅です. まったく何やってんだか.今は夏なので日の出が早く,こんな時間から写真撮ることができます.街中スナップでカメラ構えるってけっこう勇気いるんですが,この時間なら新聞屋のお兄ちゃんくらいしか見かけないので,なかなかいいです.まさしく早起きは三文の得(今から寝るんだけど……)ですねぇ.

僕は三重県人なんですけど,東京にかれこれ10年近く住んでいます(歳がバレるなぁ).東京に来たばかりのとき驚いたのが,外車が多いこと(イナカモン丸出しですな).10台あれば少なくとも1台は外車に出くわす.今朝帰る時も,近所の住宅地をほっつき歩いてきたんですけど,各戸ガレージにおさまってるのは,半分くらいがメルセデスかBMWでした.(と書くと高級住宅地に住んでるように思えますけど,うちは安アパートです.念のため.)

一度,某駅前のマクドナルドから定点観測みたいなのをやったことがあります.交通量調査みたいにカウンター持ってやったわけではないんで,アバウトだけど.その結果,だいたい1/4はメルセデス,BMW,ジャガーといった超高級外車,1/4がセンチュリー,プレジデント,セルシオ,シーマといった国産高級車,残りの1/2がタクシーとかカローラとかいわゆる一般車でした.あと,運転手付きのクルマ(白手袋してるからわかる)が多いのも発見でした.ま,この駅前は田園調布や奥沢といった超高級住宅地から,都心に向かうショートカットルートになってるみたいなんで,これが東京全域にあてはまるってわけでもないでしょうが.

てことで,今朝撮った写真から.BMW5シリーズです.映り込みキレイなのはいいんですけど,自分の影まで映ってしまいました.失敗.昔クルマ撮ろうとしたら,不審者と思われて(実際,不審者なのかも知れませんけど)警察呼ばれそうになったこともあり.写真/カメラ好きにはめんどくさい世の中になってきました.てゆうかGXまだ戻ってきません…….

040710|うちの近所|Ricoh Caplio G4wide
[PR]
by nmurasak | 2004-07-10 06:28 | クルマ